ホーム » 美容とダイエット » 正しいシャンプ-の仕方とヘアケア方法|美髪で見た目年齢マイナス5歳に
« スポンサーリンク »

正しいシャンプ-の仕方とヘアケア方法|美髪で見た目年齢マイナス5歳に

髪の毛のツヤとかボリュームって
大事ですよね~~。
髪がパサパサだと、ホントに老けて見えちゃう(-_-;)


女子高生のツヤツヤの髪とか見ると
まじ羨ましいわ・・


朝日新聞に
「目指そう!髪型でマイナス5歳印象に
大人のヘアケア あなたの常識は正しい?正しくない?」
というのが載っていて、
私自身も食いついてしまったのでご紹介します。


●正しいシャンプーの仕方

1日に何度も洗ってしまうのはダメ!

洗髪は回数ではなく、丁寧さがポイント

①髪のもつれをといて(手ぐしでも良い)
たっぷりのお湯で髪と地肌をしっかり濡らして
指の腹を使って地肌を動かすように、
丁寧に予洗いを


シャンプーを泡立てて、
指の腹で泡を地肌全体に
まんべんなく行き渡らせて洗うこと


耳の後ろから襟足、耳の上の頭周りの生え際は
特に洗い残しが多い部分なので丁寧に洗いましょう。


すすぎはしっかり!念入りに。
すすぎ方が不十分で、汚れをキャッチした泡を
地肌に残したままだと、地肌の
赤みやかゆみの原因になることも。

指の腹で地肌からすすぎ、髪は指を通しながら
ヌルつきが無くなるまでよくすすぐ。


●コンディショナーの付け方

毛先だけにしかつけないのはダメ!

根元から毛先まで全体につけて
なじませたほうが良いコンディショナーもある


それぞれの製品ごとにオススメの使用方法が
あるはずなので、商品によって違うようだが
基本は、根元から毛先まで全体に使い
その後は、指の腹を使ってヌルつきが無くなるまで
よくすすぐ。


●ふんわり仕上げるための髪の乾かし方

自然乾燥はダメ!

タオルドライで髪の水気を拭き取ったら
ドライヤーでしっかり乾かす。


まとまりにくかったり、細くなってきた大人の髪は
自然乾燥ではツヤやボリュームが思いどうりに出にくくなる。
根元をまずしっかり乾かしてから、形づけましょう。
自然なボリュームも出て、髪の流れも整います。


熱によるダメージが気になる方は・・!
髪が熱くならないように
温風と冷風を切り替えながら、乾かしてください。
十分に乾いたと思っても、地肌にドライヤーの
冷風をあてた時、ひんやりするなら乾ききっていないサイン。


●ツヤがほしい時の髪の乾かし方

髪全体にオイルはダメ!

オイルを付ける前に、
髪の流れを揃えるだけでも違う!


ドライヤーで髪を乾かすときに
髪の流れを揃えてみましょう。
①ドライヤーを髪から15~20cm離し
②根元に風を入れるように指をジグザグに動かして
③根元から毛先に向かって風を送りながら
髪全体がサラサラになるまで乾かします。

髪の流れが揃うと、
表面に自然なツヤが出やすくなります。


●自然なボリューム感のある
仕上がりにするには


まずパーマはダメ!

肝心なのは、シャンプー後に
まず根元をしっかり乾かすこと


髪の根元部分を地肌から起こすように
しっかり乾かすことが大切。
«スポンサーリンク»



関連記事

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

Thank you for reading !

最新の投稿☆

Return to page top