ホーム » 育児 » 小学一年生の音読の宿題 あひるのあくび
« スポンサーリンク »

小学一年生の音読の宿題 あひるのあくび

小1の息子も、小4の娘も
毎日 音読の宿題があります。

私が小学生のときは
音読の宿題なんて
なかった気がするのですが??

音読はきっと大事だと思います。
国語算数理科社会、
全ての教科において
音読・朗読は基本だと思いますね・・

その音読ですが
最近、息子の音読が私のツボです( ´艸`)

ちょーーーーまじめに音読しても
「あめ あめ だいしゅき らんらんらん
あかいかしゃ あかいながぐちゅ らんらんらん」

「あひるのあくび
あひるの あくびは あいうえお
かえるが かけっこ かきくけこ
しゃるくん しゃかだち しゃししゅしぇしょ」

もう一回いってみてとお願いしても
「しゃるくん しゃかだち しゃししゅしぇしょ」

マジです。
この発音の悪さ、年少の時から
来年には治る、来年には治ると言いながら
小学1年生になっちゃいました。

ちょいちょい面白いのですが
そろそろ本気で心配になってきました。

舌が長いのでしょうか?
こういう喋り方のまま
大人になるのでしょうかこの子は・・

国語のノートに
息子が考えた「あひるのあくび」
のプリントが貼ってありました!↓


ないない なにもなにぬねの
はまずし いきたい はひふへほ (笑)
ままが だいすき まみむめも

この「ままがだいすきまみむめも」が
本気で嬉しいままです(〃▽〃)
マザコン息子大歓迎なり。
«スポンサーリンク»



関連記事

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

Thank you for reading !

最新の投稿☆

Return to page top