ホーム » 日記 » 筑波山の白雲橋コースを子供と登山!奇岩が面白い!
« スポンサーリンク »

筑波山の白雲橋コースを子供と登山!奇岩が面白い!

5月の末、筑波山の白雲橋コースを
3家族、大人6人、子供6人(5歳児、7,8,9歳児)
で登山してきましたー(~_~;)

女体山頂(877m)、男体山頂(871m)まで登山し
ケーブルカーでおりてきました。




最初の情報では、、

白雲橋コース(しらくもばしコース)

女体山側
距離2.8km
標高差約610m
所要時間 上り110分/下り95分
⇒実際は上り3時間ほどかかりました・・・(^_^;)

筑波山神社から迎場分岐、
弁慶茶屋跡を経て女体山山頂へ。

弁慶茶屋跡まで豊かな自然を楽しんだあとは
「弁慶七戻り」「高天原」「胎内くぐり」
などの巨岩、奇岩に驚かされ
筑波山の魅力を一気に満喫できるコース

との事でした。

男体山側の
御幸ケ原コース(2.5km)と悩んだのですが、
男体山側は険しいと記載されていたので、女体山側の白雲橋コースにしました。

筑波山神社の有料駐車場(500円)
に車を停めて神社まで歩きます。
すでに階段がキツイ・・・


↑筑波山神社を見て右側へ行くと白雲橋コース
左側へ行くとケーブルカー乗り場があり、御幸ケ原コースです。


↑白雲橋コース入口。



筑波山の自然を満喫??!
子供らは、いっきに登っては休憩、給水

またわーーっといっきに登っては
休憩、給水(^-^)

暑い日でしたし、
頻繁に休憩しながら登りました。


↑白雲橋コースと迎場コースの分かれ道です。
私たちは左の白雲橋コースへ。

明らかに、白雲橋コースの方が
険しそう、、(^◇^;)

もうこの時点でしんどい_ノフ○ グッタリ
何年かぶりに全身に汗かきました(笑)

やっと何かがありましたーーー


●白蛇弁天(はくじゃべんてん)
ここに白蛇が住むといわれ、
白蛇を見たものは財をなすといわれています。

との事。子供ら白蛇をさがせーーヽ(`Д´)ノ(笑)

もう限界と思っていたら
椅子やテーブルがあり
休憩所らしきところに着きました~!
トイレはなかったです・・。

休憩して少し登ると
ありましたーー!弁慶七戻り!

すごーーい・・
地震とかで落ちたりしないんですかね?!

●弁慶七戻り(べんけいななもどり)
古来、「石門」といい、
聖と俗を分ける門。
頭上の岩が落ちそうで
弁慶も七戻りしたといわれています。

との事。確かに こーわい。



●高天原(たかまがはら)
「神様の世界」を意味し
天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀る神社



●母の胎内くぐり
岩を抜けることで、生まれた姿に立ち返る!?



●陰陽石(いんようせき)
高さ10メートルを超える
巨大な石が二つそびえ立ち、
陰陽寄り添っているように見えることから
呼ばれています。

との事。
石がでかすぎて、ただの道のようで
何が何だかわかりませんでした(^_^;)
もっと上の部分の写真を
撮らなければいけなかったようです(;´∀`)



●国割り石(くにわりいし)
往古諸神が集い、この石の上に線を引き、
神々の行くべき地方を割りふったといわれています。



●出船入船(でふねいりふね)
元来「熊野の鳥居石」といわれ
船玉神を祀り、
石の姿が出船と入船とが
並んでいるように見えることから呼ばれている。



●裏面大黒(りめんだいこく)
大きな袋を背負った大黒様の後ろ姿のようにみえる
ことから呼ばれています。



●北斗岩(ほくといわ)
天にそびえ立つ岩で
天空に輝く北斗星のように
決して動かないことを意味しています。



●屏風岩(びょうぶいわ)

屏風岩を過ぎると、
もうすぐ女体山頂です━━━━!!



女体山頂到着ーーー!
ロープウエイ乗り場の上でお弁当を食べて


記念撮影。
景色がキレイ(´∀`*)

女体山頂からケーブルカーのある
コマ展望台の方へ向かう途中
ガマ石発見!


●ガマ石
その昔、永井兵助が「ガマの油売り口上」
を考え出したことでガマ石と呼ばれています。

食事や土産売り場などがある
コマ展望台のところまで到着したら

ケーブルカーで下りるつもりでいたのですが
また少し登れば男体山の山頂までいける!!!

ってことで、男体山頂をめざしました!!

が、5歳児息子と大人1人が
男体山登山は拒否・・(^_^;)
コマ展望台付近でお留守番していました。

道はどこーー?!と思ったら
↓この岩山Σ(|||▽||| )


もう帰りたい・・・・
やっぱり戻る・・・・
と、数分悩みましたが・・・

幼稚園児もどんどん登っていっちゃうし
男体山はパワースポットだという言葉に惹かれ
全身使って登りました・・。

もう山頂だ・・・・!!
次は山頂のはずだ・・・!!!
と何度か思いながら登って登って

やっと着いたーーーーー!!



「男体山頂」って書いてあるーー(T▽T)
しんどかったよーー





お参りして、おみくじ引いて
またコマ展望台(ケーブルカー乗り場)まで下山。

ケーブルカーで筑波山神社まで下山。
帰宅いたしました。

●白雲橋コースの感想

最初の方から最後まで
ほとんど岩、岩、岩という印象。

登山している途中で
絶対 子供と下山するのは無理!
下山は絶対ケーブルカー!!

と確信しました。
疲れているところに、岩山の下山で
転げ落ちて怪我でもしたら大変
と思ってしまいました。

距離も長くて、運動不足主婦には
かなりきつかった。

もう白雲橋コースは選びません!!!
がしかし、5歳児にも登れます。
⇒裏筑波山!筑波高原キャンプ場・女体山コースを幼児と登山
«スポンサーリンク»



関連記事

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

Thank you for reading !

最新の投稿☆

Return to page top