ホーム » プロパンガスから太陽光発電へ » プロパンガスから太陽光発電+オール電化へ①|コンロ給湯器無料注意
« スポンサーリンク »

プロパンガスから太陽光発電+オール電化へ①|コンロ給湯器無料注意

うちが京セラの太陽光発電(ソーラーパネル)をつける
きっかけとなったのは
ぶっちゃけ、プロパンガス屋とのトラブルが一番の理由なのですが、
それに気づくまでも、かなり時間がかかりました。


うちは約4年前、家を新築しました。
家を建てる前に、同じアパートに住んでいて、子供を通して仲良く
なったママさんがいました。
そのママ友の旦那様がガス屋さんだという事は前から知っていました。


当然、家を建てる話もしていて、
IHは使い勝手が分からなくて不安だし、ガスにしようと思うんだ。
という話をしていたんです。


数日後に、そのガス屋のパパさんが
「新居もガスにする予定なんだって?!
 新しい家を、うちのガス屋でやってるくれるなら、
 ガスコンロと給湯器は付けてやるよ!」
と、言ってきました。


ガスコンロと給湯器だけでも、相当値段はするし、、
ただで付けてもらえるなら、かなりお得だよね。と思い
そのママ友の旦那様にお願いしました。


たまに土日にその旦那様と会うたびに、
その話はしていて、
ガス屋の旦那様「在庫で残ってるやつ(コンロ)があるから!」
と言っていました。


私が「どんなコンロですか?」と聞くと
ガス屋の旦那様は「黒のガラストップでいいやつだよ!すこし幅広で大きめのだよ」
とか、そんな話をしたのは覚えています。←実際、黒のガラストップで大きめでした。

ガス屋の旦那様は「ガス代も少し安くしておくよ!」
とか言ってました。←実際、ガス代はかなり高いとかんじていました。


コンロや給湯器の資料とかカタログとかは一切見ずに、
口だけですべて約束をしていました。
ただで付けてもらうものだから、何も文句は言えないし・・。


家の住宅業者さんには、ガスの部分は、そのママ友の旦那様の話をして、すべて
住宅業者さんとガス屋さんとの間でやってもらうという事になりました。
住宅業者さんの考えとは違う、古いタイプのガスコンロを持ってきたガス屋の旦那様。
ガス屋の旦那様が無理やり押し切り、付けられたガスコンロ・・。


家も完成し、引越しの当日。
引越し屋さんに荷物などを家まで運んでもらい、
私たちも新居へ行き、さぁ住める状態に。電気はO.K.。


ガスも開栓だということで呼んでおいたガス屋の旦那様・・?
ではなくそのガス屋の社員が来て
「設置完了という事で、ここにサインをお願いします」
と言われ、パパが
㍻20年12月19日 住所 氏名 印鑑 とサインしました。


それから約3年くらい、このプロパンガスを使っていました。



家族でイオンに行ったとき、子供らが風船に釣られてしまい、
太陽光発電(ソーラーパネル)のアンケートを書きました。


パパがそこの営業さんと話をしていて、
屋根はどんな形状ですか?と聞かれ
うちは、南側に大きな屋根があり、東と西側にも小さめの屋根がある
と話をしたところ、


太陽光発電(ソーラーパネル)を付けるには
とてもいいよーな事を言われ、
実際に屋根を調査して、何キロのソーラーパネルが乗るか、
毎月の光熱費の料金が負担なくできるか、などを
調べてくれるとのことで、


別の日に、太陽光発電(ソーラーパネル)の営業さんが
自宅に来てくれることになりました。


つづく
«スポンサーリンク»



関連記事

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

Thank you for reading !

最新の投稿☆

Return to page top