ホーム » 育児 » ちらし寿司の具、何のせる??ひなまつりには、ちらし寿司~!
« スポンサーリンク »

ちらし寿司の具、何のせる??ひなまつりには、ちらし寿司~!

先日は桃の節句でしたね(´∀`*)

息子が幼稚園で制作した
お内裏様とお雛様を持ち帰ってきました。↓


うちの3月3日のひなまつりは
娘が2歳(家を建てた)の時から

両方のじじばばを呼んで
夕飯か昼食を食べて、ケーキも食べて~
のお祝いか恒例となってしまいました・・・。

今年もみんな集まるのか?!
集まらないのか??
なにも話をせずいたのですが・・・(・・;)

娘が「またみんなでケーキ食べるんでしょー♪♪」
と言い出したので、
やっぱり今年も集合しました。
娘が嫌がるまでは続くのかな・・・

毎年定番になりつつある
我が家のちらし寿司を紹介します。



材料(写真の1皿分)

・ごはん       2合分
・塩鮭(甘いやつ) 2切れ
・卵          2個
・にんじん      適当
・レンコン      適当
・いくら        適量
・いりごま(白)   適量
・ボイルむきえび 適当
・大葉(しそ)    5~10枚
・すし酢(砂糖大さじ2弱、酢大さじ3、塩ひとつまみ)
うちは、できてるすし酢を買ってます。

①にんじんとレンコンを薄切りに切って茹でる。
 にんじんは可愛く型抜きしてます。

②鮭を焼いて、骨をとってほぐす。
 皮はキッチンはさみで1cm角くらいに切る。

③卵を割り、砂糖大さじ1と塩少々を入れて混ぜ
 フライパンか鍋にうつして 強火で混ぜて、炒り卵にする。

④ご飯が炊けたら、すし酢を入れて
 うちわであおぎながら、酢飯をつくります。

⑤お皿に酢飯を盛って、いりごまをふり、
 鮭と卵をのせる⇒にんじんとレンコンをのせる
 ⇒買ってきたいくらとボイルえびをのせる
 ⇒切ったしそをちらして出来上がりです。

レンコンやえびは無くても大丈夫。
でも、いくらはケチらずに
のせた方がおいしいと思う(´∀`*)

しその代わりにキュウリの細切りでも
色どりよしです。

鮭と甘い卵といくらがあるので
醤油はつけずに食べれます。


うちは、大勢でのお祝いなので
ご飯は5合炊いて、このちらし寿司を2皿と
おいなりさんを10個くらいつくります。

今年は義母が唐揚を持ってきてくれて
私の父は大量に餃子を持ってきてくれました(^_^;)
餃子は食べきれず
次の日のうちの夕飯になっちゃいました。

そして、私の母親がケーキを
買ってきてくれました(^-^)



買ってきてもらったケーキなので
文句は言いません・・・。
みんなでおいしくいただきました~。

happyひなまつり✿
身体も心もすこやかに・・。
すてきな女子になってくだされ。
«スポンサーリンク»



関連記事

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

Thank you for reading !

最新の投稿☆

Return to page top