ホーム » 育児 » 脳科学の澤口俊之先生のお話!人生に成功する子に育てるためには!
« スポンサーリンク »

脳科学の澤口俊之先生のお話!人生に成功する子に育てるためには!

「ホンマでっか!?TV」に出ている
脳科学の澤口俊之先生が
土浦市民会館に講演に来てくれるとのことで♪

お友達と早々に予約をして
今日、お話を聞きに行ってきましたー(´▽`)



ホンマでっか!?と思う部分もありましたが
とっても興味深い内容でした♪
忘れないうちにメモしたことを
記事に残しておこうと思います!

●脳の前頭前野にある『HQ(Humanity Quotient)』について

HQとは、脳の前頭前野(前の部分)にある
人間らしさの知能の事

前頭前野は、サッカーで言うと
右脳や左脳に指示を出したりする
監督のようなものだそうです。
監督が良ければ、勝利する!

●前頭前野の大半が破壊された場合

☆失われないもの

五感 味覚 聴覚 認識 言語、記憶力、喜怒哀楽
運動能力 通常の普通の学力 

☆失うもの = HQ

夢や目的を持って努力すること(未来志向的行動力)
理性、自己制御力(状況に応じて判断すること)
コミュニケーション能力
協調性、思いやり
やる気、集中力、好奇心、
協調性を保つための嘘
主体性、独創性


HQがないと、今さえよければ明日はどうでもよくなったり、
キレやすい子になったりするそう。

好奇心があるお子さんほど勉強ができる?!

人間は遺伝子がつながっていない
他人とでも強調できる。

前頭前野は、人間らしく生きていくために
最も重要な知能(HQ)だと分かりますよね!!

●HQとは、目的、夢に向かって社会の中で主体的に生きる能力
(未来志向的行動力)
やる気、探究心、理性、思いやり、協調性など

なので、HQは、これからの激動の時代を生き抜く能力
・明確なビジョンとぶれない信念
・あきらめずに切り開く気概
未来志向的行動力

・他者のありがたみを知る
・相手の立場を意識
⇒社会的関係力

●前頭前野以外で働く知能

国語→言語的知能
算数→数学的知能 空間的知能
音楽→音楽的知能
芸術→芸術的知能

理科、社会→主に記憶(知識)

学校で教えてもらうことでは、
前頭前野のHQは発達しないようです。

なので、勉強が出来てもHQが高いとは限らない!
が、HQが高いと勉強も出来る。

一流大学や一流企業に入っても
ニート化してしまう人が増えているそう。

就職しても1年以内で退職する人はHQが低い(人が多い)
HQが高いほど出世する
HQが高いほど年収高い
HQが高い女性ほど良い恋愛をする
HQが高い夫婦ほど円満
HQが高いほど人生に成功する

なので、、
HQ≒夢を叶える能力

だそう・・。
ホント!?(・・;)

●前頭前野の萎縮によるHD障害について

反社会的人格障害(ASPD)は、
典型的なHD障害(前頭前野の萎縮)である。

☆反社会的行動を繰り返し反省しない
☆凶悪犯、性犯罪者 多し
☆成人の3.6%がASPD(アメリカ)
☆頭の良さとは無関係

これは、幼少期のADHD(注意欠陥多動性障害)がリスク要因の一つ

幼少期(ADHD)⇒思春期(CD行為障害)⇒成人(ASPD)

思春期のCDの脳は「他人の痛み」を快感と感じるんだそう(゚д゚lll)
いじめの加害者は、CDを疑うとか?!

より軽度な行為障害(CD)では、
‘思春期挫折症候群’というものもある

HQは人間として最重要!
また犯罪を減らすためにも

HQの育成、発達が脳教育の大きな目標のひとつ
幼少期が本当に大事なんだそう。

●脳の成長のためのプラスとマイナス

脳の成長は早い!8歳で95%!
幼少期は、集団遊びと祖母の存在が重要!?

☆プラスのこと
・友達と公園で遊ぶ
・おもちゃ遊び
・祖母と過ごす
・TVゲーム、携帯ゲーム以外のゲーム


祖母と過ごすのはとてもプラスだけど、
祖父ではダメだそうです・・
おじいちゃんと遊ぶことは意味がないって(笑)
なんで(?_?)ほんとにー??

☆マイナスなこと
・一人で遊ぶ
・兄弟と遊ぶ
・ごっこ遊び
・お絵かき
・TV、携帯ゲーム


TVゲームは最悪だそうです( ̄▽ ̄;)!!
あんなことやってたらホントにダメだって(;_;)
うちの息子アウト!!

でも兄弟と遊ぶことやごっこ遊びがマイナスって・・
なんで???不思議・・。
友達と外遊びが一番良いというのは納得です・・。

HQは学習や学習意欲と深く関係している
また、注意力や自己制御力とも深く関係している。

●HQを発達させるにはピアノがいい!!

とりあえずピアノの稽古は良い!!そうです。
ピアノ稽古は高度な言語機能の
神経連絡を発達させる!(8~12才)
言語機能の主要な神経連絡を太くするそうです!

●HQ向上法で発達障害を改善可能!

発達障害の子もHQ向上法で、
みるみるHQが向上するそう。
そうゆう例がたくさんあるそうです。

〈HQ向上方法の例〉

4ケタの数字を1枚ずつ見せる
② ⑤ ⑦ ④

これを記憶して、反対から言えば良いそうです。
④ ⑦ ⑤ ②

6歳児でこれが出来たらそーとー良いとか!?

この方法を6ケタでやって
8歳未満の子が出来たら天才だって(^_^;)
へーーーー。

●HQを向上させる一般的にできる方法

☆夢を持つ(7才~)

☆父親との遊び(7才~球技)

☆努力した過程を褒める(やる気を出すことの王道)

☆畳、ござの上で勉強

☆箸を使う(4才未満 補助箸NG)

☆魚を食べる

☆炭酸飲料・スポーツ飲料をさける(キレやすさ、イライラ)

だそうです!!!

夢を持つ学生ほどHQが高いそう。
夢を持っている大人は、平均7.1年 長生き!

夢ねぇ、、小学生の時は学校の保健室の先生が優しくて
保健の先生になりたいと思っていた時もありましたが、

中学、高校あたりから、先々の夢はなく
前頭葉破裂状態の
「今が良ければ明日はどうでもいい」的な考え方で
今まで来てしまったような・・・(TwTlll)

HQはかなり低いと思われます。
多分私、思春期の軽度なCD(行為障害)だったかも??

現在は日々の子供の成長っぷりや
芸能人にキュンキュンするくらいしか
楽しみがありませーん!!

もっと先を考えなければ!!(未来志向的行動力?(笑))
見方を変えるんだ!!(ベイマックスのヒロ)

とりあえず、子供にはピアノを習わせて、
3DSのゲームはほどほどに!だわ(^-^)
«スポンサーリンク»



関連記事

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

Thank you for reading !

最新の投稿☆

Return to page top