ホーム » 育児 » 『とびひ』と診断されてもらった薬!リンデロンとバラマイシン&アクアチム
« スポンサーリンク »

『とびひ』と診断されてもらった薬!リンデロンとバラマイシン&アクアチム

息子の『とびひ』に悩まされています(;´д`)
とびひ、、こわいですー!!

9月の初め、
背中の左上にキズのようなものがあり
転んだ?ぶつけた?と思っていたら

1日~2日のうちに、あっという間に
広がってきて、、
「やばい!!これは傷じゃない!皮膚病皮膚病!」

と、慌てて皮膚科を受診。
『とびひ』ですね。と診断され

内服(飲み薬)4日分
セフゾン粉粒小児用(細菌による感染症を治療するお薬)
ポララミンシロップ(鼻や皮膚のかゆみや炎症を抑えるお薬)

外用(ぬり薬)
リンデロンVG軟膏(皮膚の炎症を抑え、化膿を防ぐお薬)
亜鉛華軟膏(炎症を抑え、皮膚を保護するお薬)
の混合

この飲み薬とぬり薬をもらいました。
ぬり薬を塗ってからは、汁が少しでているので
ガーゼをあてて、テープでとめていました。

飲み薬が効いたのか、塗り薬が効いたのか、
とびひは、数日で乾燥してきて、
皮やかさぶたになった部分がとれて

1週間~10日程で見た目ではほぼ完治しました。

完治したのですが!!

10月に入ってから、右側の脇の下部分に
またまた『とびひ』のようなものを発見(+д+)

すぐに、以前もらったぬり薬(リンデロン+亜鉛華軟膏)
を塗って、ガーゼで保護していたのですが、、

効いている様子がなく、
どんどん広がってきてしまいましたΣ(|||▽||| )

お風呂に入ろうと、ガーゼを開けてみたら
汁もでて、じゅくじゅくしていて、全然治ってない((((;゚Д゚))))
薬を塗るときやお風呂の時は、かなり痛がります(>_<)

青ざめて、
次の日の朝、以前の皮膚科がお休みの曜日だったため
別の皮膚科へ受診しました。

そこでいただいたお薬は

内服
メイアクトMS小児用粉粒(細菌の感染が原因でおこる疾患を治療するお薬)
3日分

外用薬
バラマイシン軟膏 (皮膚の感染症を予防するお薬、わきがを抑えるお薬)

この薬を使って2日経ちましたが、
広がりは多少抑えられているものの
治りそうなかんじがしません・・・。



現在はこのような状態(>_<)
上の方は乾燥してきたのですが
下の部分にまた新たに小さな赤い円ができてしまいました。

明日から3連休なので
土曜も受診できる皮膚科に行ってみようと思います。


追記
飲み薬も飲み終わってしまうのに、治っていないので
3連休にまた別の皮膚科を受診しました。

そこでお薬手帳を見せたところ、
1ヶ月前にとびひになったときにもらった
リンデロンは、良くないなー!と言われました。

リンデロンはステロイドで、
汁がでていたり、ジュクジュクしている部分に
使用すると、悪化する場合があるとの事でした。

まさに、悪化させてしまって 広がっちゃったパターンです。

抗生物質の飲み薬は、まだ飲み続けたほうがいいとのことで、
また、飲み薬と塗り薬を処方してもらいました。

内服薬
セフゾン(セフェム系の構成部室 感染症を治療するお薬)

外用薬
アクアチムクリーム1%(細菌を殺す作用によって
にきびやおできを治療するぬり薬)

3つとも別の皮膚科を受診しましたが
処方してもらった塗り薬は、すべて違いました!!

内服の抗生剤は、セフゾンとメイアクトでしたが、
うちの息子の場合、セフゾンがとっても効いた気がします。

とびひは、ぬり薬だけでは治らない~気がします。
抗生剤の飲み薬があったから、治ったと思います。
 

↑ 1枚めの写真から5日後の 今の状態です(^-^)
ずいぶん治ってきましたー!
あと少しだよーー!!
もう痛がりません(^-^)
«スポンサーリンク»



関連記事

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

Thank you for reading !

最新の投稿☆

Return to page top