ホーム » 育児 » ギャル曽根が男の子出産|私の出産の入院体験
« スポンサーリンク »

ギャル曽根が男の子出産|私の出産の入院体験

ギャル曽根が11月5日 男の子を出産したそうですね。
おめでとうございます。


「産まれてきた子は想像以上に一瞬で宝物になる」
と書いてありました。
ホントにそうですよね。私も二人目の出産の時は、
出てきた瞬間に「かわいいーーっっ!」と思いました。


けど、一人目の時は陣痛も長かったせいか そんな余裕もなかったよーな。。
陣痛の間(24時間)はずっと眠れず、食べれずで、
やっと出産してぐったりなところに赤ちゃんのお世話とおっぱいとで
出産して3日間位は母乳があまり出てないからか
赤ちゃんは泣いてばかりで 
一晩中おっぱいをくわえさせていました。


おっぱいを吸っているときは
泣かずに必死で吸ってるから(かなり飢えてたんだと思う)
病室が個室ではなく6人部屋だったので
夜中に赤ちゃんが泣くと周りが気になって仕方なかったんです。


看護婦さんに
「泣いてばかりで絶対おっぱいが足りてないと思うんです。
ミルクをあげていいですか?」と聞いたら、

「駄目です、おっぱいで頑張って」
と言われて、なんで!?と怒りで泣きそうになってました。



けど必死で吸ってくれていたおかげで
4日目位にはおっぱいが張ってきて、

夜中に「おっぱいがめちゃくちゃ痛いんです」と
看護婦さんを呼んで冷やしてもらった覚えがあります。


母乳を出すには、赤ちゃんにいっぱい吸ってもらうのが
一番いいみたいです。


けど、入院中は周りに気を使ったり
初めての赤ちゃんのお世話で かなりのストレスでした。


二人目の時は絶対 個室がいいと思い病院を変えました。
«スポンサーリンク»



関連記事

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

Thank you for reading !

最新の投稿☆

Return to page top